得意分野

いざ顧問契約を締結する弁護士を決めようと思うと、候補になる事務所が多数あることに驚かされます。いったいどこにお願いすればいいのかと頭を悩ませてしまう人は少なくありません。

世の中には仕事ができる人、できない人がいますし、体を使った仕事が得意な人、頭を使った仕事が得意な人がいます。弁護士もこれと同じで、能力の高さには差がありますし、得意としている分野には違いがあります。同じ仕事を別々の弁護士に依頼した場合、出る結果や結果が出るまでのスピードなどは異なります。

そのため、顧問契約を締結する弁護士を選ぶ際には、最初に自分がどういう法律上のサービスを受けたいのか、しっかりとまとめることが大切です。そして、依頼したい仕事を得意としている弁護士を探す必要があります。

また、お願いしたい仕事を得意としている弁護士は複数探したほうがいいです。比較をすることで、より良い弁護士と顧問契約を締結することが可能になるためです。

なお、いまはホームページを見て比較をするのが主流ですが、最終的な候補はあまり多くないほうがいいです。弁護士は相談料が有料の場合が多いため、顧問契約を締結する前の段階で余計なお金をかけたくないという人は、2~3の弁護士を最終候補にすることをおすすめします。